【皆様の声】講演会感想


#新型コロナウイルス #今できること
皆様にお会いできる日を楽しみにしています。

【講演会/出演/著書感想】
お手紙、SNS等を通じたメッセージ、
講演会後の多くの方からのお声がけ、

#清水健 #清水講演会 #言葉 #感謝
皆様の想いが皆様に届くと信じています。

全てを一度にご紹介することはできませんが、
#みんながみんなを想っている
この場も大切な場所になれば嬉しく思います。

<堺市養護教諭研究協議会総会 2019年6月>

嬉しい、悲しい、辛い。その時に感じる、感情や経験が、当たり前ではないということ。生きている今に、できることはたくさんあるということ。教員として、子どもたちの近くで伝えることができるからこそ、「生きる」ことの意味、大切さを伝えていかなければと思いました(中学校教諭)

学校生活で、不安や悩みを抱えている子どもたちの訴えを見逃したことがなかったか。生徒との関わり方について振り返ることができました。しんどいことをしんどいと言える友だち、仲間、職場の環境をつくることができる人間を目指していこうと思います。そして、子どもたちが抱える心身の健康課題を取り除けるような教員を目指して、生徒たちとの日々の関わりを大切にしていきます(中学校教諭)

大切な人が苦しんでいるときに、後悔なく過ごすことは難しいと思います。たくさん後悔すると思うけれど、その後悔を「肯定」していけるように毎日を過ごしていかなければと強く感じました。繰り返しの毎日でも、大切な人と一緒にいられる時間を大切にする。子どもたちに対しても、何か特別な声を掛けられることは少ないかもわかりませんが、そばにいて、寄り添っていくことが、今の私にできることだと思います。今できることを大切にしていきます(小学校教諭)

当事者でなければわからない悲しみや辛さがあると思います。他者からの励ましの言葉は薄っぺらいのではないかとも感じていました。2人に1人が、がんになる時代であり、子どもたちの保護者にも治療を受けておられる方も増えてきました。そのようなご家族や子どもたちに、何と声をかけていいのか。寄り添い、心がやすらげる時間をつくってあげたいと思います(中学校教諭)

誰にだって後悔をしてしまう時があると思います。でも、その後悔を少しでも小さくするために、「伝えたいときに伝える」「感謝の言葉を口にする」、なかなか恥ずかしくて言うことができなかったりしまが、当たり前を当たり前と思わずに過ごしていこうと改めて感じました(小学校教諭)

どんな選択をしても自分が悩んで決めたのならそれが正解というお話が心に残りました。いろんな思いを抱えた子どもたち、そして、その保護者に寄り添えるよう、今日の講演会の話を心に留めながら接していきたいです。本校の児童にも命の大切さを伝えていきたいと思います(小学校教諭)

皆様の言葉、想いを伝えていきます。
#大切なあなたへ #未来のじぶんへ
この場や多くの場で、今できることを皆様と。

ひとりでも悲しむ人が減ってほしい、
ひとりでも笑顔の人が増えてほしい。
一般社団法人清水健基金 事務局スタッフ

堺市 清水健

ご支援/ご寄付 ご協力、宜しくお願い致します。
三菱UFJ銀行 玉造支店
普通 0108190
一般社団法人清水健基金

入院施設の充実、がん撲滅、難病対策などに取り組む
団体や個人の事業へ「寄付」として「想い」を届けます。


前の記事

【ご支援報告】